江東区 de 妊娠 to 子育て

東京都江東区での子育て日記

昭和大学江東豊洲病院での出産【産後2日目】

こんにちは。

 

春に昭和大学江東豊洲病院にて出産した

かもめゆりな です。

 

 

引き続き、

出産の経験を共有します。

 

【産後2日目】

 
細切れながらにも、
初日より寝れました。
 
その間に気付いたのですが、
同室の赤ちゃん達は、
夜あまり泣かないのではなく、
泣いたら授乳室へ連れ出していました。
 
 
シャワーの予約は、
朝6時からなので、起きてすぐに記入。

f:id:kamomeyurina:20190731044658j:image
 
朝の助産師さんチェック、シャワーの後に、
赤ちゃんを連れてきてもらって、授乳。
 
 
今日は、おしゃぶりを咥えていました。
 
おしゃぶりが嫌な場合は、
伝えればいいと思います。
 
私は、まだ歯も生えていないので、
入院中は静かになるならいいかな、
と思ってお借りしました。
 
しかし、少しでも泣けば、
おしゃぶりより授乳!
と頑張ってみました。
 
 
赤ちゃんの聴覚検査の結果も届きます。
f:id:kamomeyurina:20190801114448j:image
 
おむつ替えも授乳も少し慣れてきて、
赤ちゃんもぐっすり寝てくれる間に、
私も一眠りできたり。
 
 
と思いきや、また、
突然、大泣きしたり。
 
抱いてゆらゆらでやっと寝た。
さびしいのかな?
寒いのかな?
 
そのうち、授乳後に、
授乳枕に乗せたまま、
私も後ろに寄っ掛かり、二人でうとうと。
 
ネットで調べたら、一応、
授乳枕の上でも落下に気を付ければ
短期の睡眠は大丈夫そう。
 
新生児ベッドに戻すとぐずる。
 
 
試行錯誤しているうちに、
家族の面会があったり。
 
 
午後に集団退院説明を受ける。
旦那さんも同席可能でしたが、
お会計の流れ等、簡単なものでした。
 
 
痛み止めのロキソニンが切れると
やはり傷が痛い。
しっかり6時間おきに、
飲むようにしました。
 
 
赤ちゃんって、爪が伸びた状態で
生まれてくるって本当なんですね。
特に親指が長い。
 
 
夕方胸が張ってきて痛いので、
助産師さんに出し方を教えてもらったら、
母乳がにじむように!
 
今回は雰囲気の柔らかい方。
 
また、飲ませ方についてもアドバイス。
 
イメージは赤ちゃんの顎にぶつける。
そして、手首は曲げずに、
赤ちゃんが顎をあげて飲みやすく。
 
飲むほど出てるかわかりませんが、
とりあえず吸わせながら、予行練習!
 
毎回違う助産師さんに担当してもらうことで、
毎日違うことを学べました。
 
 
担当していただいた助産師さんは、
どの方も20~30代と若い印象でした。
 
もしかしたら、お母さんの年齢に
合わせているかもしれません。
 
同じ病室でも担当が違うため、
規則性はわかりませんでした。
 
また、1人の助産師さんと
ちょっと相性が合わないな、
と感じたとしても、
半日の辛抱で交代なので安心です。
 
 
真夜中過ぎまでは、母子同室で頑張るも、
まだまだ大泣きせずにおむつ替えが難しい。
 
母乳も希望が出てきたので、
母体回復を優先で、同室ギブアップ。