江東区 de 妊娠 to 子育て

東京都江東区での子育て日記

産後2ヶ月を振り返って

こんにちは。

 

約2ヶ月前に江東区で出産し、

来年4月まで育休中で、

現在江東区で子育て中の

かもめゆりな です。

 

2ヶ月ぶりの更新です。

 

決して暇という訳ではありませんが、

0歳児との生活に飽きを感じてしまったので、

この2ヶ月を振り返ってみたいと思います。

 

 

まず、私自身ですが、

幸いにも産後の経過は良好。

 

かなり身構えていたのですが、

数週間で、簡単な家事はできる状態まで回復。

 

完璧主義になりがちなのですが、

両親学級での先輩パパママのアドバイス通り、

家事も育児も70%を目標にしたことで

気持ちが楽に。

 

もともと安静指示が出てから

パパが積極的に家事もしてくれていたので、

無理することなく育児に集中できました。

 

1ヶ月検診でも

直前に親子で風邪をひいてしまった以外、

特に大きな問題なし。

 

特に、産後うつにならないよう気を付けていて、

1ヶ月からは買い物や短時間のお出掛けにも挑戦、

ストレスを溜めない生活を心掛けました。

 

どうしても、食べてすぐ寝ることが多く、

体重や体型の戻りが悪いので、

これから対策をせねば、というところです。

 

 

次に、我が家に新しく増えた

ちぃ太郎

 

 

予定日より早めに、

少し軽めに生まれたものの、

発育は良好とのこと。

 

退院時には、

黄疸や精巣などで懸念もありましたが、

今のところ、大きな問題はなさそうです。

 

うちは、布おむつと紙おむつを併用中ですが、

オムツがどんなに濡れていても泣かないので、

泣く理由の大半は、空腹か寂しい時と

分かりやすくて、助かっています。

 

やたらと唸る子なので、

生存確認の頻度が少ないのも助かっています。

 

新生児の頃には、

起きていても泣かずに

ぼーっとしていることもあり、

なんて親孝行な子!

と思っていたのも束の間。

 

1ヶ月を過ぎると、

ほぼ一日中抱っこの日も多くなり、

振り回される毎日を過ごしています。

 

 

最後に、育児について。

  

0~2ヶ月児の育児を一言にまとめると、

 

(手のかからない子で周りが協力的な場合でも)

思ったほどは、しんどくはないのに、

じわじわ、いつの間にかキャパオーバー。

 

 

ワンオペ育児や、繊細な子や双子の育児は、

私には出来ないかも!と思っています。

 

 

また、両親学級でのアドバイスは、

とても参考になりました。

 

 ①家事も育児も70%を目標に。

 

 ②追い詰められたときは、

     安全を確保した上で放置してもよし。

     揺さぶるのは絶対だめ!

 

 

安静中に色々な育児コラムを読んでいて、

育児の壮絶さに身構えていたところ、

1日単位で見ると、

頑張れば乗りきれなくはないものです。

 

育児書は買ったものの一度も開かず。

分からないことがある度に、

その都度、ネットで検索、

経験談や動画を見て対処しています。

 

今のところ、完全母乳でこれていますが、

昼も夜も、三時間以上まとめて寝れなくても、

産後の急な生活の変化の一部として受け入れてしまっています。

 

育休中で昼寝が許されているし、

家事も50%を目標としているのも大きいです。

 

 

ただ、24時間毎日、

いつ泣くか分からない赤ちゃん中心ですと、

泣いているときは、

体力の許す限り欲求を満たしてあげる。

寝ている隙を狙って、大急ぎで、

ごはんやトイレ等の自分の用事を済ませ、

次の泣きに備えて寝る。

 

ひたすら、その繰り返し。

 

特に新生児のときは、泣かなくても、

乳幼児突然死症候群(SIDS)で、

突然息しなくなったら、

と心配で頻繁に生存確認をしたり

精神的にも張りつめていました。

 

SIDSや赤ちゃんの欲求に100%応えることは、

一度キャパオーバーになったり、慣れてくると、

気にしすぎても仕方ないと諦めがつきましたが。

 

これも育児の目標は80%が妥当でした。

 

何をやっても泣き止まなかったり、

泣いているのに睡魔の限界がきたとき、

諦めて、泣かしておいて、

自分を立て直すことに専念したことも

何回かあります。

 

寝返りをし始めると、

また心配だなーと思っているので、

今のうちに体力温存です。

 

 

しかし、問題は寝不足だけではありません。

 

他人から見れば家で寝て遊んでばかりの生活も、

行動は制限されるし、人との関わりも少ない。

家事も何もかも進まないのに、

時間だけが過ぎていく。

1ヶ月も続くと、慣れも加わり、

飽きてきたり、無力感に襲われたり、

精神的にじわじわと打撃を受けます。

 

人見知り気味で、

普段は限られた親しい人としか話さない

私でも、そう思うので、

社交的な方には苦痛だと思います。

 

また、

義務的にノルマをクリアすることに精一杯で、

我が子を可愛い!と思えることが少ない。

 

ちぃ太郎も、

1.5ヶ月になってやっと目で物を追うように、

つい最近、歌に反応して笑うようになりましたが、

それまでは、反応も薄いし、

あまり目も合わなかった。

今もまだ、遊ぶということは

できないからかもしれません。

 

また、泣いていないときは、

自分の用事を済ませるのに忙しいので、

ご機嫌に起きているところを眺める

なんてことは皆無に近いです。

 

いつになったら、

一人遊びをし始めるのかな?

 

まだまだ、

余裕を持ちたい!

と思う日々です。