江東区 de 妊娠 to 子育て

東京都江東区での子育て情報

切迫早産の治療目標

こんにちは。
 
昭和大学江東豊洲病院にて出産予定、
切迫早産で自宅安静中の
かもめゆりな です。
 
34週も終わりですが、
昨日今日と、急に胃もたれ気味です。
 
 
週末に調子乗って食べたからでしょうか。
それとも、これが後期つわり?
 
ん?つわりってどんなだったっけ?
 
ついこの前の話にも関わらず、
つわりの辛さはしっかりと思い出せません。
人間って都合よくできてますね。
 
 
しかし、揚げ物どころか、
お肉も夕方はパス。
 
美味しく食べた後、
横になってしばらくすると、
胃の中身が逆流することも。
 
そして、夜も明け方くらいまで消化されず。
悲しい。
 
しかし。
 
もう少しで安静解除と思い、我慢。
先が長かったつわり期より全然気楽です。
 
 
こうしていると、
最悪35週で生まれちゃってもいいのでは、
という考えがよぎってしまいます。
 
 
いやいや。
あと、ちょっと!
 
やはりできるならば、
呼吸系も心配なく産んであげたい。
 
 
36週目でも1日で違いが出ることもあるから、
正期産は37週目からなのですよね。
 
 
子宮の中の1日は、
保育器の3日分に相当するようです。
 
 
また、こんな目安も見ました。
 
 

<切迫早産で入院した場合の治療目標>

 妊娠22~23週:
 赤ちゃんの救命は困難。
 
24週~27週:
 体重が750g未満だとかなり治療困難。
 
妊娠28週(1,000g ):
 第1目標。
 救命率は急激に上昇。
 
妊娠30週(1,500g):
 第2目標。
 後遺症の心配がかなり減少。
 
妊娠32週(1,800g):
 第3目標。
 治療はかなり楽に。
 
妊娠34週(2,000g):
 第4目標。
 まず大丈夫。
 
妊娠35週後半:
 最終目標。
 治療不要のことが多い。
 
 
「私は生きた保育器」と
心の中で繰り返し、最低でもここまで、
と2ヶ月以上、自分を励ましながらきました。
 
今は、まずは、
36週や2500gまで頑張ります。